Daily Archives: 日曜日, 4月 26, 2015

  • 外壁塗装リフォーム方法とその効果など

    新築住宅を購入しても、定期的な外壁のメンテナンスは欠かせないものです。特に過酷な気象条件の日本では、紫外線による外壁の劣化もしやすいですし、酸性雨などにも晒されています。外壁をリフォームする時期はその住宅によっても変わりますし、周囲の環境や条件などによってもリフォームを早めにした方が良い場合もあります。一般的には外部のメンテナンスは10年ごととも言われていますが、劣化の具合によってはそれよりも早まってしまう場合もあります。

    外壁のリフォーム方法にもいろいろな種類がありますが、 一番費用的にも安くて済むのが塗装による塗り替えです。この時にコーキング剤などの劣化具合も確認し必要であれば増し打ちや打ち替えをした方が良いでのです。一般的によく行われる外壁塗装リフォームですが、塗料にもさまざまの種類があり、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などそのと素材の種類によっても外壁塗装の価格は変わってきます。

    一般的に安いのがアクリル系の塗料ですが、外壁塗装何回も繰り返したくない場合や、耐久性能をアップしたい場合にはシリコン系やフッ素系の塗料を選んだ方が良いです。予算によっても外壁塗装の方法は変わるのですが、できるだけ定期的に修繕した方が、家を長持させる事は間違いありません。