Monthly Archives: 4月 2015

  • 外壁塗装の工事でエアコン代と温度が改善された私の自宅

    以前に私は、外壁塗装の工事を行ってもらった事があります。その理由としては、料金の節約ですね。
    私の自宅は、とにかく夏が暑いのです。猛暑日ともなると、部屋の中が40度を超えることも珍しくありません。それで夜に眠れなくなってしまう事も度々あったのです。
    もちろん眠れるようにする為にはエアコンをつけるのですが、問題は電気代です。夏の間ずっとエアコンを付けなければなりませんので、かなりの料金になってしまうのですね。一時期は4万円台になってしまった事もあります。それが夏の3ヶ月間ずっと続くとなると、家計に対する影響は相当なものでした。
    それを何とかしようと思った私は、ある時にインターネットで情報収集をしたのです。そして外壁塗装の塗料剤に注目したのですね。
    数ある塗料剤の中には、断熱性があるものも見られます。私はそれに注目して、ちょっと見積もりに来てもらったのですね。思ったよりもリーズナブルな料金で工事を行ってもらう事が分かったので、思い切ってそれをお願いしました。
    数日間の工事が完了した後に、私の家の環境はだいぶ変わりました。今までに比べると随分涼しくなりましたし、冬もだいぶ暖かくなりましたね。またエアコン代を節約する事もできたので、とても良かったです。

  • 外壁塗装リフォーム方法とその効果など

    新築住宅を購入しても、定期的な外壁のメンテナンスは欠かせないものです。特に過酷な気象条件の日本では、紫外線による外壁の劣化もしやすいですし、酸性雨などにも晒されています。外壁をリフォームする時期はその住宅によっても変わりますし、周囲の環境や条件などによってもリフォームを早めにした方が良い場合もあります。一般的には外部のメンテナンスは10年ごととも言われていますが、劣化の具合によってはそれよりも早まってしまう場合もあります。

    外壁のリフォーム方法にもいろいろな種類がありますが、 一番費用的にも安くて済むのが塗装による塗り替えです。この時にコーキング剤などの劣化具合も確認し必要であれば増し打ちや打ち替えをした方が良いでのです。一般的によく行われる外壁塗装リフォームですが、塗料にもさまざまの種類があり、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などそのと素材の種類によっても外壁塗装の価格は変わってきます。

    一般的に安いのがアクリル系の塗料ですが、外壁塗装何回も繰り返したくない場合や、耐久性能をアップしたい場合にはシリコン系やフッ素系の塗料を選んだ方が良いです。予算によっても外壁塗装の方法は変わるのですが、できるだけ定期的に修繕した方が、家を長持させる事は間違いありません。

  • 築年数の古い物件の外壁リフォーム

    築年数が古く、外壁の改修が必要な物件は数多く存在しているのではないかと推測されています。このようなタイプの物件の外壁リフォームは、業者が積極的に請け負うようになってきているとされており、関心の度合いが向上してきているのではないでしょうか。通常の外壁のリフォームとは異なり、耐震性の強化が確実に行われたり、塗装に用いる塗料の選択が慎重に行われたりする特色が見受けられ、注目を集めているのではないかと推測されています。
    このような築年数の深い部類に入る物件は、年々増加してきているとされています。そのため、性急に外壁のリフォームをしたいと希望する家主も多いとみられており、迅速にこうしたリフォームの依頼に応じることが業者には望まれているのではないかと思います。今後は一連の外壁リフォームのオファーに、ノウハウを有している業者が応じるようになっていくとみられています。築年数の古い物件の外壁のリフォームは確かな技術や知識が必要となる場合が多いため、業者に依頼される例がこれまで以上に増加していくものと予測されています。こうした動きに関しては、住宅関連の業界や分野などから、大きくクローズアップされるようになるのではないかと思います。

  • 外壁塗装の専門職の活躍

    外壁塗装を請け負っている業者では、専門職のスタッフが活躍するようになり始めているのではないかと考えられています。このような専門職のスタッフは、外壁塗装を行う現場において適切な方式で塗装を行うことが多いため、依頼をした世帯の人や法人などから信頼を獲得しているとみられています。このようにして専門職が業者で活躍していくことで、外壁塗装の依頼が数多く寄せられることへと繋がっていくのではないかと考えられているため、重要な動向のひとつとして捉えられています。
    現在では、多くの塗装業者が外壁塗装の専門職を育成したり、他の業者で塗装の業務をしたことのある人を獲得したりしており、充実した専門職のスタッフを確保することを行っています。こうした取り組みが奏功し、業者として高く評価されるようになる場合が多いのではないかと思います。今後も外壁塗装の専門職は、様々な現場において活躍することが見込まれています。現場によってどのような塗装をしていくべきかは異なっているため、フレキシブルに対応できる能力も求められていくと推測されています。塗装の技術と共に、各現場での適応能力も、専門職のスタッフには希求されていくのではないかとみられています。